ここから本文です

石川遼 復活Vに王手 ショット不安定でも…絶妙アプローチで単独首位守る

デイリースポーツ 8月28日(日)6時3分配信

 「男子ゴルフ・RIZAP・KBCオーガスタ・第3日」(27日、芥屋GC=パー72)

 石川遼(24)=CASIO=が4バーディー、2ボギーの70で回り、通算12アンダーで単独首位を死守。腰痛によるブランクからの復活を告げる通算14勝目に王手をかけた。小田龍一とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が2打差の2位。4位から出たアマチュアの清水大成(17)=東福岡高3年=は81と崩れ、通算1オーバーの48位へ後退した。

 ショットが不安定なら小技がある。石川が絶妙のアプローチを駆使して、単独トップを守り抜いた。1パットパーは8ホールを数え「今日はショットではいいスイングができなかったけど、アプローチで自分をしっかりコントロールできた」と自己分析した。

 見せ場は14番パー4だった。残り40ヤードの第2打をピッチエンドランでカップの手前1センチに寄せ、難なくバーディー。一瞬、チップインイーグルを確信し、その場にひざまずいた。惜しくもカップに入らず苦笑いを浮かべたが、大勢のギャラリーを沸かせた。

 18番パー5でも魅せた。強風の影響で第3打を大きくショートし、グリーン手前のバンカーにつかまった。左足上がりのライだったが、ピン奥1・5メートルに寄せ、大きく曲がるスライスラインを入れてパーをセーブした。

 この日は大きな発奮材料が米ツアーから発表された。11月のW杯に同学年の松山英樹と組んで出場することが決まった。今月中旬に松山から誘いの連絡が入り「何とかあと3カ月で仕上げてくれ」と言われたという。「英樹と組んで出たい気持ちが強かった」と二つ返事で出場を快諾。同時期に国内ではホスト大会のカシオワールドオープンが開催されるが、所属先のカシオに丁重に断りを入れて理解を得た。

 最終日は2位と2打差でスタートする。逃げ切れば09年サン・クロレラクラシック以来2度目の完全優勝となる。「英樹に安心してもらえるように、1試合でも多く結果を残したい」。腰痛で苦しんだ時期を乗り越え、石川がいよいよ復活を告げる。

最終更新:8月28日(日)7時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]