ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】フェルナンド・アロンソ「来年は上位で戦えるだけの力強いPUを」

TopNews 8月28日(日)12時14分配信

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われたF1ベルギーGP2日目を終え、次のようにコメントした。

●【動画】F1ベルギーGP予選ハイライト映像 アロンソはQ1直後にストップ

■予選結果
ジェンソン・バトン:9番手
フェルナンド・アロンソ:タイムなし

■フェルナンド・アロンソ「来年は上位で戦えるだけの力強いPUを」
FP3:11番手 1分49.453秒(トップとの差 +1.479秒)
予選:DNS タイムなし

「P3終了後に問題があることが判明したが、予選前にちゃんと調査をするほどの時間はなかったんだ。結局、予選では500メートルほど何とか走行したものの、その後、マシンを止めざるを得なくなった。

我々としては、これ以上問題を発生させることなくレースを完走するために、できる限りのことをするだけだよ。

今のところ僕にとっては難しい週末だね。今回はジェンソンも同じ新しいスペックのPU(パワーユニット)を持ち込んでいるのに、彼の方は何も問題が出ていないので、少し不運な状況だけど、ただそれだけのことだ。

僕は昨日と同様に、今週末はほとんど走行できていないので、新スペックのPUそのものについては、前のタイプと比較することはできない。ただ、我々は正しい方向に向かっているし、ジェンソンの結果がそれを示していると思う。

当然のことながら、このような信頼性に関する問題が発生するときは痛みを伴う。ただ、結局のところ、それも学習プロセスの一環なんだ。我々がやるべきことは分かっている。PUの中で今も非常にもろい部分がどこなのかを特定し、それらの部品を補強し、来年は上位で戦えるだけの力強いPUを用意できるようにしなければならない」

最終更新:8月28日(日)12時14分

TopNews