ここから本文です

石川遼が完全V ケガから“復活”通算14勝目

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月28日(日)16時37分配信

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)◇7151yd(パー72)

福岡・芥屋で真夏の戦い!「RIZAP KBCオーガスタ」フォトギャラリー

2打差の首位から出た石川遼が5バーディ、2ボギーの「69」でプレーして通算15アンダーとし、後続に5打差をつけて、初日からの首位を守りきる完全優勝を果たした。

今年2月にケガで米ツアーを戦線離脱し、7月の国内メジャー「日本プロ選手権 日清カップヌードル杯」以来の復帰2戦目。昨年12月の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に続くツアー通算14勝目を挙げた。

30cmのウィニングパットを決めると、唇をきゅっとかみ締めて、ギャラリーの歓声に応えた。

最終日は雷雨のため、午前11時43分に中断。石川はその時点で、2ストローク伸ばしていた。約3時間後の午後2時41分に再開したが、その後も堅実なプレーを続けた。松山英樹とタッグを組む11月の国・地域別対抗戦「ワールドカップ」へ弾みをつけた。

通算10アンダー2位に高山忠洋、マイケル・ヘンドリー、ブラッド・ケネディの3人。通算9アンダー5位に宮本勝昌、藤本佳則、谷原秀人の3人が並んだ。

前年覇者の池田勇太は8バーディ、2ボギー「66」でプレーして、通算5アンダーの18位。17歳アマチュアの清水大成(東福岡高3年=17)は通算4オーバーの61位で4日間の戦いを終えた。

【最終成績】
優勝/-15/石川遼
2T/-10/高山忠洋、マイケル・ヘンドリー、ブラッド・ケネディ
5T/-9/宮本勝昌、藤本佳則、谷原秀人
8/-8/小池一平
9T/-7/小林正則、小林伸太郎、黄重坤、川村昌弘、任成宰、姜庚男、S.ハン、岩本高志

最終更新:8月30日(火)6時7分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]