ここから本文です

BIGBANG 3年連続ヘッドライナー! a-nationで5万5,000人熱狂!!

エキサイトミュージック 8/28(日) 10:15配信

昨年11月より今年2月にかけ、海外アーティスト史上初の3年連続かつ海外アーティスト史上最多91万1,000人動員の日本ドームツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】を、さらに7月29日(金)~31日(日)にはデビュー10周年記念スタジアムライブ【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN】を大盛況に終えた、アジアが誇るモンスターグループ、BIGBANGと、そのBIGBANGの系譜を継ぐ次世代モンスターグループ、iKONの2グループが、8月27日(土)東京・味の素スタジアムで行われたa-nation stadium fes.に出演し、会場に詰めかけた5万5,000人超満員の観客を熱狂させた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

夕方、先にステージに登場したのはiKON。オープニング映像が流れると音楽に合わせスタジアムは大合唱となり、メンバーの登場と共に大歓声に包まれた。3月にファイナルを迎えた前回のツアー以来、約半年ぶりとなる今回のライブは「RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)」から始まり、続けざまに「SINOSIJAK REMIX」と一気に会場をヒートアップさせる2曲を披露。短いMCをはさみ、デビュー曲となる「MY TYPE」、そして5月に世界一斉配信され各国のiTunesで1位を獲得した最新曲「#WYD」を日本で初パフォーマンス。MCでは「a-nationに出演できて光栄です!」「9月から今年2回目となるアリーナツアーもあるのでぜひ遊びにきてください!」「皆さん楽しんでいってくださいね!」と初のa-nationのステージを楽しむメンバー。そしてライブの人気曲「WHAT’S WRONG?」でスタジアムのテンションをあげ、最後に9月28日(水)に発売となるシングルタイトル曲「DUMB & DUMBER」でスタジアムの観客全員と大合唱となり、a-nation初出演とは思えないパワフルなステージを見せつけライブを終了した。

MCでも触れられ、先日多数のチケット応募殺到にともない追加公演も発表された【iKON JAPAN TOUR 2016】は、9月10日(土)・11日(日)の千葉/幕張メッセイベントホールを皮切りに、9月24日(土)・25日(日)愛知/日本ガイシホール、10月5日(水)・6日(木)大阪/大阪城ホール、10月8日(土)兵庫/神戸ワールド記念ホール、10月10日(月・祝)福岡/マリンメッセ福岡、10月26日(水)東京/国立代々木競技場第一体育館公演の全国6都市16公演で17万6,000人を動員予定と、前回のツアーを大きく上回る規模での開催となる。

その後あたりもすっかり暗くなったところで、a-nation出演4回目にして3年連続のヘッドライナーとしてBIGBANGが出演。先の大阪・ヤンマースタジアム長居でのデビュー10周年記念スタジアムライブを経て、東京凱旋公演とも言えるこのステージ。登場を告げるオープニング映像がスクリーンに映し出されたと同時に、スタジアムは一気にヒートアップ。最新アルバム『MADE SERIES』収録、BIGBANGの新たなアンセムとして世界中の音楽チャートを席巻した「BANG BANG BANG」で幕を開けたステージは、スタートから会場全体が狂喜乱舞。続いて「TONIGHT」、「HANDS UP」とライブキラーチューンをたたみかけ、最新アルバムから「IF YOU」、「SOBER」、「WE LIKE 2 PARTY」、「BAE BAE」という新曲も惜しみなく繰り出していく。誰もが待ちわびた「FANTASTIC BABY」のパフォーマンスでは5万5,000人超満員の「NAH NA NA NAH NAH NAH NA NA NAH NAH WOW FANTASTIC BABY」大合唱が沸き起こり、会場は本日最大級の熱狂ぶりを見せた。そして「BAD BOY」、「MY HEAVEN」、「声をきかせて」など新旧ヒット曲を織り交ぜ、1時間超・全12曲のステージを披露。「今年は[MADE]ツアー、10周年記念ライブ、そしてこのa-nationで皆さんとお会いしてたくさんの愛を頂きました。11月からのドームツアーでも素敵な思い出を一緒に作りましょう!!」という言葉を残し、貫禄たっぷりのパフォーマンスでa-nation stadium fes. 初日のヘッドライナーという大役をまっとうした。

先のメンバーのMCでもあったように、BIGBANGは11月よりファン待望の日本ドームツアー【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2016】開催が決定している。

これは自身の持つ記録を自ら更新する「海外アーティスト史上初の4年連続ドームツアー」で、11月5日(土) ・6日(日)の東京ドームより、11月19日(土)・20日(日)福岡 ヤフオク!ドーム、11月25日(金)・26日(土)・27日(日)京セラドーム大阪、12月2日(金)・3日(土)・4日(日)ナゴヤドーム、12月9日(金)・10日(土)・11日(日)福岡 ヤフオク!ドーム、さらにアンコール公演として12月28日(水) ・29日(木)京セラドーム大阪 の全4都市15公演73万1,500人動員という規模で開催予定。

また、ドームツアー開催直前の11月2日(水)には、大阪・ヤンマースタジアム長居にて3日間計16万5,000人を動員したデビュー10周年記念スタジアムライブ【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN】と、全国の劇場で10万人超動員という大ヒットを記録中のドキュメンタリー映画「BIGBANG MADE」を一挙同時収録した10th Anniversary DVD & Blu-ray『BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN + BIGBANG10 THE MOVIE BIGBANG MADE』がリリースとなる。

最終更新:8/29(月) 10:30

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]