ここから本文です

笠りつ子は1億円札束の夢を見るか?携帯電話の待ち受けでは毎日…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8/28(日) 18:46配信

北海道小樽CCで開催された「ニトリレディス」で、笠りつ子が優勝した。通算7アンダーで並んで突入したプレーオフで、イ・ボミ(韓国)を撃破した。2週前の「NEC軽井沢72」に続く今季2勝目とした。優勝賞金1800万円を加算し、賞金総額9089万円余とし、賞金ランク2位につけた。かねて目標とする「1億円」に迫った。

【画像】この待ち受け画像でモチベーションアップ!?

難敵を倒す2mのスライスラインを流し込むと、笑みを浮かべて右手を突き上げた。「勝てて良かった」と安堵する表情には、逞しさが漂った。3打差の4位から逆転し、単独首位でのホールアウト後に並ばれた。「ボミが相手だから。いつも以上の力が必要」と引き締め、2ホール目で勝負を決めた。

難コースで「相手じゃない。コースに勝つ」と集中していた。1番から2mにつけるなど好調のショットで次々ピンに絡めた。後半の12番ではグリーン手前のバンカーに入れ、この日初のボギーを叩いたが「(このコースは)ボギーが出るのは仕方ない」と気にしない。17番でも2mを決め、停滞した上位陣を尻目に追い上げた。

着々と念願に近づいている。自身初となる年間1億円の大台は目前。「女性で1億円も稼ぐ人は、あんまりいない。かっこいい」と、ターゲットにした。ジュニア世代へ、プロゴルフ界は稼げる世界なのだと伝えたい思いもある。

真面目な理由だが、モチベーションの保ち方は「あんまり難しいことを考えないタイプ」と自称する「笠らしい」ものだった。数年前から携帯電話の待ち受け画像を「1億円の札束」としている。声のボリュームを上げ「これを見て常に(1億円を)意識しながら、やっているんですよ!」。底抜けに明るい笑顔で舌をペロリと出した。(北海道小樽市/林洋平)

最終更新:8/28(日) 21:50

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)