ここから本文です

【NFL】エースQB負傷のカウボーイズ、新人QBプレスコットは「準備している」

NFL JAPAN 8月29日(月)13時6分配信

 ダラス・カウボーイズはプレシーズン第3週でクォーターバック(QB)トニー・ロモが背骨を骨折。エースQBの長期離脱はここ数年でおなじみの光景となってしまったが、今年は少し事情が違う。期待の新人QBダック・プレスコット がいるからだ。

 ジェイソン・ギャレットHCはまだプレスコットが開幕先発QBだとは明言していない。だがワイドレシーバー(WR)デズ・ブライアントは、プレスコットとチームメイトのケミストリーは「最高だ。俺たちは彼をバックアップするし、彼もまた同じだ」と新人QBとの連携に自信を見せているという。

 ここまでのプレシーズンで、プレスコットは5TDを挙げるなど十分な結果を出しているように見える。ただしシアトル・シーホークス戦でタイトエンド(TE)ジェイソン・ウィッテンに通した17ヤードTDパスはウィッテンの巧みなキャッチでインターセプトを免れたきわどいものだったように、危うさを残しているのも間違いない。

 それでもプレスコットは重責を担うことに前向きだ。「前から言っているように、準備はしている。本当に何も変わっていないんだ。このまま練習を続けなければならないし、勢いを緩めたり怠けたりしてはダメだと分かっている。集中力を保ち続けるんだ」と語っていた。

<ダラス・カウボーイズ>

最終更新:8月29日(月)13時6分

NFL JAPAN