ここから本文です

待ち受けは札束画像!? 今季2勝目の笠りつ子、狙うは大台突破

ゴルフ情報ALBA.Net 8月28日(日)17時52分配信

<ニトリレディス 最終日◇28日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

笠りつ子優勝への軌跡を最終日フォトギャラリーでチェック!

 首位タイから出たイ・ボミ(韓国)、鈴木愛がスコアを伸ばせず、もつれにもつれた「ニトリレディス」最終日。プレーオフにまで及んだ激闘を制したのは2週間前に「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」を制したばかりの笠りつ子だった。

 5位タイから出た笠は、厳しいピン位置の中スコアを3つ伸ばしトータル7アンダーでホールアウト。この時点で2位に2打差をつけており、クラブハウスリーダーとして2ホールを残す最終組を待った。しかし、最終組にいたボミが17番、18番と連続バーディ。女王の底力を目の当たりにしてプレーオフへ突入した。

 それでも負けなかった。1ホール目を共にパーとして迎えた2ホール目。ボミがティショットを大きく右に曲げて苦しむ中、笠は右のラフからのセカンドショットを奥2メートルにピタリ。ボミが3打目を外した後、これをしっかりと決めてバーディとし、今季2勝目が決まった。

 この勝利で今季の獲得賞金額は90,892,166円となり1億円突破へあと約900万と迫った。この“大台”は3年前から目標としている数字。「女性がそう簡単に稼げない額。早く突破したい」。その意識は現在使用している携帯電話の待受け画面を3年前から1億円の札束の画像(本人のものではない)にするほど。9桁の数字は実力者である何よりの証でもある。

 賞金ランキングもキム・ハヌル、申ジエ(共に韓国)を抜き去り2位に浮上。上にいるのはボミだけとなった。「日本ツアーだからやっぱり日本人でもっと盛り上げたい」。“ストップ・ボミ”の急先鋒として、賞金額だけでなく存在感も日に日に増している。

【最終結果】
優勝:笠りつ子(-7)
2位:イ・ボミ(-7)
3位:全美貞(-6)
3位T:鈴木愛(-5)
3位T:渡邉彩香(-5)
6位:キム・ハヌル(-4)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月28日(日)17時52分

ゴルフ情報ALBA.Net