ここから本文です

【K-1】階級の名称を変更、3階級を新設

イーファイト 8月28日(日)15時44分配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2006 IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント』の記者会見が、8月28日(日)都内にて行われた。

【フォト】9月に行われるスーパー・フェザー級世界トーナメント出場者たち

 今大会より、各階級の名称が変更となる。これまでK-1は-55kgや-60kgと契約体重を階級名としてきたが、今大会より以下のような階級名となることが発表された。

-55㎏ → スーパー・バンタム級
-57.5㎏ → フェザー級
-60㎏ → スーパー・フェザー級
-62.5㎏ → ライト級
-65㎏ → スーパー・ライト級
-67.5㎏ → ウェルター級
-70㎏ → スーパー・ウェルター級
ヘビー級 → ヘビー級(表記変更無し)

 これまでは5kg刻みとしてきたが、選手層の増加により2.5kg刻みとしてフェザー級、ライト級、ウェルター級を新設。階級を細分化することで競技性を高めることが狙いだという。

 これにより、今大会のサブタイトルは「-60kg世界最強決定トーナメント~」から「スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント」となり、新階級の初代王座決定戦が11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』から随時行われていく。

最終更新:8月28日(日)15時44分

イーファイト