ここから本文です

幸喜さん(沖縄市)奨励賞 全国高校生手話大会

琉球新報 8月28日(日)11時59分配信

 沖縄市上地にある仙台育英学園高校広域通信制課程「ILC沖縄」の2年生幸喜樹里さん(17)は27日、東京の有楽町朝日ホールで開かれた「第33回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」に出場し、奨励賞を獲得した。

 スピーチは「夢に向かって」と題し、ろうあの両親の下で育った自身の半生を紹介した。手話ができることでいじめを受けた時期もあったが、高校で自身の境遇を理解してくれる先生と出会い自信を取り戻した。将来は社会福祉士を目指す。

 奨励賞は上位3人に続く賞で、幸喜さんを含め2人が受賞した。本選参加者は10人。受賞後、幸喜さんは「自分の気持ちは全部来場者に伝えられた。これだけの人の前でスピーチができたので、今後何も恐れることなく生きていきたい」と喜びを語った。

琉球新報社

最終更新:8月28日(日)11時59分

琉球新報