ここから本文です

プレーオフ2戦2勝!“ボミキラー”笠りつ子の女王との戦い方

ゴルフ情報ALBA.Net 8月28日(日)19時1分配信

<ニトリレディス 最終日◇28日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

名門小樽が舞台!最終日の激闘をフォトギャラリーで振り返る

 これまでのプレーオフ戦績は8勝2敗と高い勝率を誇るイ・ボミ(韓国)。そのプレーオフ巧者が喫した2敗は今週の「ニトリレディス」、2015年の「アクサレディス」だが、相手は共に笠りつ子だった。

 ボミに強い理由は、笠が相手を特別意識しないからかもしれない。同組になると「自分の外からズバズバパットを決めてきて、プレッシャーになる」と過剰に気にしてしまう選手も多い中、今日も「ボミだから“今まで以上の力を出さないと”という気持ちもあったけど、とにかく(難しい)コースとの戦いだと思ってた」と1対1になっても特別警戒することはなかった。

 プレーオフが決まって18番のティグランドに行くときも競技委員と「リラックスしていました」とカート上で笑顔を見せていた。これまでボミと戦うことになった選手がみな、気合いの入った面持ちで口を真一文字に閉じていたのとは対照的だった。

 常に相手は自分。それは「今週は小樽に勝つことができるかがテーマ」と語っていた正規のホールでも顕著だった。今季初優勝を挙げた「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」と同様ボードを見ずにアンダーパーで回ることだけに集中。自分がトップだと分かったのはパーパットを決めた後だった。

 ボミのプレーオフ最多連勝記録に続き、3試合連続優勝も阻止した笠。賞金ランク1位を快走するボミの最大の敵は、無欲に自分の目標だけを目指す笠なのかもしれない。

【最終結果】
優勝:笠りつ子(-7)
2位:イ・ボミ(-7)
3位:全美貞(-6)
3位T:鈴木愛(-5)
3位T:渡邉彩香(-5)
6位:キム・ハヌル(-4)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月28日(日)19時1分

ゴルフ情報ALBA.Net