ここから本文です

アロンソ、決勝でもパワーユニット交換で60グリッド降格へ

TopNews 8月28日(日)18時59分配信

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、F1ベルギーGPを60グリッド降格を科せられた状態で、スターティンググリッド最後尾からスタートすることになるようだ。

●【予選スピードトラップ】ホンダはメルセデスに10km/h遅れの最下位/F1ベルギーGP予選

連日、アロンソのみにトラブルが発生しており、ホンダは日曜日のレース前にもパワーユニット交換を行う決断を下した。これで今週投入するパワーユニットは3基目となる。

すでに発表されていた35グリッド降格の内訳は以下の通り。
1. 10グリッド降格:6番目のICE(内燃機関)
2. 5グリッド降格:6番目のTC(ターボチャージャー)
3. 5グリッド降格:6番目のMGU-H
4. 5グリッド降格:6番目のMGU-K
5. 5グリッド降格:6番目のES
6. 5グリッド降格:6番目のCE

これに追加し、25グリッド降格の内訳は次のようになる。
1. 10グリッド降格:7番目のICE
2. 5グリッド降格:7番目のTC
3. 5グリッド降格:7番目のMGU-H
4. 5グリッド降格:7番目のMGU-K

アロンソは予選でタイムを出すことができず、すでに最後尾スタートとなっていたため、順位変動も繰り越しペナルティもない。

しかし、アロンソはポジティブな発言をしている。

「(ジェンソン・バトンが9番手に入ったことを受け)パフォーマンスは良い。とても力強い週末だった」

「昨年はポールから3.7秒遅れだったんだ。でも今年は1.3秒差だ。驚くべき進歩だよ。他のクルマも進化しているんだ。だから来季に向けて良いニュースだね」

「(60グリッド降格について)しかし記録的なペナルティだね。これに関しては僕たちはトップだよ!」

参考までに昨年のメキシコGPで、最大となる70グリッド降格を科せられたドライバーはジェンソン・バトンだった。

最終更新:8月28日(日)18時59分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]