ここから本文です

「流れは悪くないと思ったけど…」首位スタートの鈴木愛、失速に涙

ゴルフ情報ALBA.Net 8月28日(日)19時15分配信

<ニトリレディス 最終日◇28日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

女子プロの今!ニトリレディス最終日フォトギャラリー配信中!

 北海道にある小樽カントリー倶楽部で行われた「ニトリレディス」最終日。首位タイからスタートした鈴木愛は後半途中まで首位をキープするも、終盤にスコアを落としトータル5アンダーの4位タイに沈んだ。

 12番終了時に1打差でリードしていたが、13番で3パットでボギーを叩くと14番では2打目を木に当てて連続ボギー。さらに14番もボギーとして首位を明け渡すと、難関16番でもスコアを落とす。2.5メートルのチャンスにつけた最終18番でもバーディパットを決められず、思わず天を仰いだ。

「良い感じでいっていた。12番は仕方ないとして、13番で3パットしたのが、うーん。ちょっと残念でした」と悔しい18ホールを振り返った鈴木。「ショットも悪くなかったし、すごく良いパーセーブも何個かあったので、流れは悪くないと思ったけど…」と語ると、涙で言葉が詰まった。この悔しさはさらなる飛躍の糧にする。

【最終結果】
優勝:笠りつ子(-7)
2位:イ・ボミ(-7)
3位:全美貞(-6)
3位T:鈴木愛(-5)
3位T:渡邉彩香(-5)
6位:キム・ハヌル(-4)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月28日(日)19時15分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]