ここから本文です

「パラッパラッパー」生誕20周年記念で再アニメ化 「PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ」放送決定

映画.com 8月28日(日)23時45分配信

 [映画.com ニュース] PlayStation用リズムアクションゲーム「パラッパラッパー」の生誕20周年と、2001年の初アニメ化から15周年を記念し、新作ショートアニメ「PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ」が制作・放送されることが決定した。8月18日深夜1時35分放送のフジテレビの情報バラエティ番組「#ハイ_ポール」内で第1話(パイロット版)をオンエアし、10月から同番組内で本放送がスタートする。

「パラッパラッパー」の人気キャラクターで、昼間は寝てばかりいる凄腕DJのPJベリーが、「チョップ・チョップ・フルーシ・カフェ」を訪れる人々の悩みを、本人が知らないうちに寝言で解決していくという、1話約96秒のショートアニメ。PJベリー、原作ゲームの主人公パラッパ、空手師範のタマネギ先生らおなじみのキャラクターのほか、相談者として毎回奇想天外なキャラクターが登場する。

 PJベリー役には「新テニスの王子様」「あんさんぶるスターズ!」の大須賀純が抜てきされ、第1話のアフレコを終えた大須は「(『パラッパラッパー』は)20年前にコントローラーを投げたくなるぐらいやり込んだ、思い出深いゲームです。寝る前にこれを見て『バカだなぁ~』と思って寝てもらえるような作品になれたらいいと思っているので、ゆるい気持ちで見ていただきたいです」と作品をアピールした。パラッパ役は「SERVAMP-サーヴァンプ-」「学園ハンサム」の鈴木裕斗、タマネギ先生役は「ジョジョの奇妙な冒険」「おそ松さん」の上田耀司が演じる。

 キャラクター原案には、原作ゲームほか、「ウゴウゴルーガ」やJR九州のICカード「SUGOCA」のキャラクターデザインなどでも知られるイラストレーターのロドニー・アラン・グリーンブラットがクレジットされており、アニメーション制作は「NEW GAME!」「三者三葉」の動画工房が担当する。

最終更新:8月28日(日)23時45分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。