ここから本文です

「良いフィニッシュだった」渡邉彩香、ベストスコア賞に手ごたえ

ゴルフ情報ALBA.Net 8月28日(日)19時25分配信

<ニトリレディス 最終日◇28日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>

女子プロの今!ニトリレディス最終日フォトギャラリー配信中!

 ツアー屈指の飛ばし屋が決勝ラウンドで魅せた。前日“69”で8位タイに浮上した渡邉彩香がこの日ベストスコアとなる“68”で回り、4位タイでフィニッシュした。

 「昨日から良くはなってきてたけど、上とは離れていたので1つでも良い順位で上がれれば」と優勝は意識することなくスタートした渡邉。2番で最初のバーディを奪うと、さらに2つのバーディを重ねてハーフターン。さらに折り返してから10番、ボギーを挟んで13番とバーディを奪取。一気に首位争いに名を連ねた。

 5メートルにつけて向かった17番グリーンの横のボードを見てはじめて自分の順位を確認した。「チャンスあるかなと思った。16番をパーで抜けられたし、連続バーディで上がってどうかな、と思った」。だが、そのバーディパットを外すと、18番はティショットを左に曲げてパー。その時点でトップに1打足りずにホールアウトを迎えた。

 それでも手ごたえは十分だった。「ベストは尽くせました。3、4日目は良いゴルフだったと思う」。先週の「CAT Ladies」では今季初の予選落ちを喫していただけに、「悪いかたちで入ってきて不安もあった。予選ラウンドは100%の自信を持てないままのプレーだった。それを考えれば良いフィニッシュだったと思う」。実りある戦いだったと言えるだろう。

 今大会から始まった北海道での3連戦。次戦「ゴルフ5レディス」を経て、いよいよメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」も近づいてきている。明日は約2時間かけて開催コースである登別カントリー倶楽部に向かい練習ラウンドを行う。不調だった時期を乗り越えて、メジャー初制覇に向けて準備を整えていく。

【最終結果】
優勝:笠りつ子(-7)
2位:イ・ボミ(-7)
3位:全美貞(-6)
3位T:鈴木愛(-5)
3位T:渡邉彩香(-5)
6位:キム・ハヌル(-4)

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月28日(日)19時25分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]