ここから本文です

サッカーW杯アジア最終予選 韓国は9月1日中国と初戦

聯合ニュース 8月28日(日)13時49分配信

【ソウル聯合ニュース】サッカー韓国代表が9大会連続のワールドカップ(W杯)本大会出場を目指し、いよいよ最終関門に挑む。2018年W杯ロシア大会アジア最終予選が9月1日にスタートし、来年9月5日まで10試合を戦う。

 シュティーリケ監督率いる韓国代表は来月1日にソウルワールドカップ競技場で、中国との初戦に臨む。今月29日に選手が招集され中国戦に備える。

 韓国は国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキング48位で、イラン(ランキング39位)とウズベキスタン(55位)、中国(78位)、カタール(80位)、シリア(105位)と同じA組。各組の上位2チームが本大会出場権を得る。

 韓国のこれまでの戦績をみると、イラン以外には勝ち越している。韓国はA組1位通過での本大会出場を目標に掲げる。

 初戦の相手は16年ぶり本大会出場を目指す中国だ。韓国は国際Aマッチ30試合で1度敗北を許しただけだが、中国の意気込みは強く、国やサッカー協会が大々的に支援している。

 韓国は精鋭メンバーで臨む。奇誠庸(キ・ソンヨン、英スウォンジー)や李青龍(イ・チョンヨン、英クリスタルパレス)、具滋哲(ク・ジャチョル、独アウクスブルク)、池東ウォン(チ・ドンウォン、アウクスブルク)、孫興民(ソン・フンミン、英トットナム)ら欧州組に、中国で活躍する張賢秀(チャン・ヒョンス、広州富力)や金基煕(キム・ギヒ、上海申花)、洪正好(ホン・ジョンホ、江蘇蘇寧)、鄭又栄(チョン・ウヨン、重慶力帆)も呼んだ。

 中国戦に次いで、シリアとの第2戦(9月6日)に向け3日に出国する。

最終更新:8月28日(日)18時15分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]