ここから本文です

「次回 舗装を直す工事」 花巻で話題沸騰のエヴァ風看板 設置した土木業者に話を聞いた

ねとらぼ 8月28日(日)11時40分配信

 「工事 予告」や「次回 舗装を直す工事」とアニメ「エヴァンゲリオン」風のフォントで書かれた工事看板がTwitterで話題となり、2万1000件以上リツイートされています。

【工事の予告ですらインパクト大】

 話題となっているのはラヂヲヘッド@三日目N-34a(@Radio_paranoia)さんが投稿した画像ツイート。ツイートには、「他には無いんですか?」や「弐号機カラーになってる場所もありますよ 」といったものなどさまざまなコメントが寄せられています。なぜこうした看板が誕生したのか、設置者の岩手県・花巻「たかしん興業」にお話を伺いました。

「たかしん興業」インタビュー

――「エヴァンゲリオン」風の看板がTwitterなどで話題となっていますが

たかしん興業:はい、弊社で設置している看板となります。話題になっていることについては、知人から連絡があって知りました。

――Twitterに投稿されていた「工事 予告」「次回 舗装を直す工事」の他にもエヴァ風看板のパターンはありますか

たかしん興業:20数種類は作っています。中には作業工程によって「第何話」と話数が進むパターンもありますよ。

――話数が進むパターン! 見てみたいです。看板に関する反響はいかがでしょうか

たかしん興業:工事に関係のない一般の方から問い合わせをいただくこともありますね。具体的には「1話から4話まで看板を見たんですが、5話はどのあたりに置きますか?」といったものです。

――エヴァ風看板はどういった経緯で誕生したのですか

たかしん興業:エヴァ風看板は7~8年くらい前から設置しています。ただエヴァ風看板だけを置いているのではなく「100メートル先、工事」といった必要な看板と一緒に置いています。またデザインは弊社で行っていますが、制作は看板屋さんにお願いしています。

――看板の制作費はどの程度かかるのでしょうか

たかしん興業:1万2000~3000円程度ですね。

――そうなんですね。工事の看板を作るにあたり、決まりのようなものはないのでしょうか

たかしん興業:文言に関しては規定があるのですが、フォーマットやデザインについては業者に任されています。多くの業者さんは既製品を購入されていると思います。

 今後もこうした取り組みを行っていくという「たかしん興業」。遊び心満載の工事看板は岩手県に行けば見られるかもしれません。

画像提供:ラヂヲヘッド@三日目N-34a(@Radio_paranoia)さん

最終更新:8月30日(火)11時31分

ねとらぼ