ここから本文です

冥花すゐ「イトウさん」前日譚がOPERAに、トウテムポールのヒバナ連載も出張

コミックナタリー 8月28日(日)13時57分配信

発売中のBLアンソロジー・OPERA Vol.58(茜新社)にて、冥花すゐの新連載「I:episode 0」がスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「I:episode 0」は「イトウさん」の前日譚。殺し屋・イトウがかつて「I」と呼ばれていた頃のエピソードが描かれる。また同作のピンナップも封入された。

そのほか今号では、表紙イラストを描いた思春期によるマンガ「くびのないはな」も掲載。トウテムポールがヒバナ(小学館)で連載している「或るアホウの一生」の出張番外編も掲載された。なおトウテムポールの「はるのしんぞう -東京心中・6-」は10月1日に、「或るアホウの一生」2巻は10月12日にそれぞれ発売予定。

最終更新:8月28日(日)13時57分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。