ここから本文です

ディーン・フジオカ持論展開「家族の平和が世界平和につながる」

東スポWeb 8月28日(日)19時47分配信

 俳優ディーン・フジオカ(36)と女優・清野菜名(21)が28日、都内で行われた雑誌25ans ウエディング」創刊30周年イベントにそれぞれタキシード、ウエディングドレス姿で登場した。

 2人は「Amazonプライム・ビデオ」のオリジナルドラマ「はぴまり~Happy Marriage!?~」で、夫婦役を演じている。この日はイベントでケーキ入刀を行い、ディーンは「僕は2回目なんですけど、すごく緊張しました」、清野も「初めての経験だからすごく緊張しました」と漏らした。

「10年前、20代のころは結婚しないだろうなと思っていました。分かんないですね、人間、変わるということです」というディーンは2012年にインドネシア人と結婚、14年には双子の男の子と女の子が誕生した。家族はジャカルタに住んでいる。「家族の中の平和が、世界平和につながると思っています。遠距離恋愛、遠距離結婚なのですが、何とかポジティブな状況をキープできています」

 夫人とはインドネシアのバリ島で結婚式を挙げた。「いい思い出ですけど、結構大変でしたね。マニュアルとなるようなことを、(結婚)情報誌に助けてもらった」。一方の清野は「海外にまだ一度も行ったことがないので、海外で式を挙げるというのは夢ですね」と目を輝かせた。

最終更新:8月28日(日)19時47分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。