ここから本文です

北朝鮮外務省 国連安保理の非難声明に反発

聯合ニュース 8/28(日) 15:41配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省は28日、報道官声明を発表し、北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難する国連安全保障理事会の報道声明に強く反発した。

 朝鮮中央通信によると、報道官声明は米国が国連安保理を利用して報道声明を採択させたとしながら、「わが共和国(北朝鮮)の自主権と尊厳の侵害で、朝鮮鮮半島の平和と安定を損なう無分別な挑発となる」と非難。米国に自重、自粛するよう警告した。

 その上で、「米国がわれわれの厳粛な警告を無視してわが共和国の尊厳と生存権を脅かした以上は、われわれは堂々たる軍事大国として示せるあらゆる行動措置を多段階に示す」と威嚇した。

最終更新:8/28(日) 18:15

聯合ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革