ここから本文です

深刻な布不足 長谷川京子、背中まる見えのドレス姿に反響「水着の跡が!」

ねとらぼ 8月28日(日)14時52分配信

 女優の長谷川京子さんが、背中が大胆に開いたドレス姿を自身のInstagramで公開して反響を呼んでいます。こ、これは直視していいんですよね!

【背中側はすごいことに】

 この衣装は、映画「後妻業の女」の初日舞台あいさつで着用したもの。共演した女優の水川あさみさんとの2ショットでは、背中側が見えない状態で写っており普通のドレスに見えていましたが、まさか後ろがこんなことになっていたとは……。

 長谷川さんが着ていたドレスは、もはや隠れている部分が見当たらないほど背中が開いたエキゾチックなデザイン。ファンも「後ろはこうなってたのかぁ~」と驚きを隠せない様子でしたが、水川さんも「ピカピカに美しくて見惚れてまう」とコメントしているように、その背中には思わず目を奪われる魅力があります。

 この投稿には「美しい!本当に素敵です!」「セ……セクシー過ぎる」「キャー!ドキドキしちゃう!」と長谷川さんの大人の色気にやられてしまった人が続出。中には鋭い観察眼を持った人もいたようで、「あれ…日焼け跡かな…?」「水着の跡?」とうっすら見える日焼け跡をフィーチャーするコメントも見られました。ナイスだ、よくやった!

最終更新:8月28日(日)14時52分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。