ここから本文です

ソフトバンク完全復活 2戦連続2桁14点!柳田は自身初3戦連発

デイリースポーツ 8月28日(日)9時0分配信

 「ソフトバンク14-3ロッテ」(27日、ヤフオクドーム)

 王者が完全に息を吹き返した。ソフトバンクは4月以来の2試合連続2桁得点。猛打ショーの主役は、2日連続でソフトバンク・柳田悠岐外野手だった。「今まで全然打てていなかったので、貢献したい。その気持ちだけです」。自身初の3戦連発を含む3安打5打点の大爆発だ。

 初回は先発関谷から先制打を放ち、二回も2打席連続のタイムリー。三回は内角直球を豪快に左中間に打ち込む16号3ラン。三回までにチームも大量9点を奪った。

 「見ていても、今までとは違う。力みがないというか、自然体というか…」。工藤監督も目を丸くする。2位に転落した25日は九回の攻撃的な守備が裏目に出たが、26日は4打点の活躍で首位奪回に成功。悔しさをパワーに昇華させている。

 柳田が活性化させた打線では、長谷川が二回に通算1000安打となる適時打を放ち、三回には内川が柳田との2者連続アーチとなる14号ソロを左翼席中段に運んだ。後半戦は不振が続いた4番打者にとって、7月7日以来となる一発だった。

 わずか1日で日本ハムから奪い返した首位をがっちりキープ。「手応えはあります。大事なのはこれを維持すること」。試合後の工藤監督は自信を口にした。「きついけど、優勝しかない。やりがいはあります」。柳田も残り27試合を見据えた。

最終更新:8月28日(日)21時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]