ここから本文です

石川県の名産品一堂に 郡山うすい

福島民報 8月28日(日)12時4分配信

 石川県の名産品を集めた「第30回加賀100万石“美味と美技”」は27日、福島県郡山市のうすい百貨店で始まった。9月5日まで。初出店の7店を含む47店が出店し、和菓子や洋菓子、弁当、工芸品など自慢の逸品を提供している。
 福島テレビの主催、加賀能登のれん会の共催、福島民報社などの後援。毎年開催している。厳選された素材を使った弁当・総菜、加賀スイーツなどが人気を集めている。料亭「大友楼」など9店が実演販売している。初日の27日から大勢の来場者でにぎわっていた。
 29日から9月2日までの5日間限定で、合計5千円以上を購入した先着50人に、日替わりで加賀の銘品をプレゼントする。
 会場は10階と1階。時間は午前10時から午後7時(10階の最終日は午後5時)まで。

福島民報社

最終更新:8月28日(日)13時50分

福島民報