ここから本文です

張本勲氏、水谷ガッツポーズ論争には触れず

デイリースポーツ 8月28日(日)9時30分配信

 野球評論家の張本勲氏が28日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」に出演したが、スポーツコーナー内では以前にリオ五輪で活躍した男子卓球・水谷隼のガッツポーズに呈した苦言については触れなかった。

 この日は先輩の金田正一氏と登場。先輩に発言を譲るシーンも多く、普段よりは控えめな張本氏だった。五輪関連の話題では、日本が銀メダルを獲得した陸上400mリレーで「桐生が4番(アンカー)だったらどうかなと思った」と提案したり、五輪4連覇を逃し号泣した女子レスリング・吉田沙保里の姿勢を評価したりしていた。

 張本氏は14日の同番組内スポーツコーナーで「スポーツ選手の先輩として、卓球の水谷にね。あんなガッツポーズはダメだよ。いけない」「手は肩から上に上げちゃダメ」と“喝”を入れた。水谷は五輪で勝ち上がる際に大きく拳を突き上げるガッツポーズを見せていた。

 これを知った水谷はリオ五輪中に「遊びじゃなくて、命をかけているので。相手も命をかけて来る。戦場ですからね」とガッツポーズが自然と出てしまうものだとして理解を求めていた。

最終更新:8月28日(日)11時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]