ここから本文です

「レゴバットマン ザ・ムービー」が2017年4月に日本公開

映画ナタリー 8月28日(日)20時7分配信

「LEGO(R)ムービー」シリーズの新作「The Lego Batman Movie(原題)」が、「レゴバットマン ザ・ムービー」の邦題で公開されるとわかった。

クリス・マッケイが監督を務めた本作では、ジョーカーのゴッサム乗っ取り計画を阻止するため、一匹狼だったバットマンがほかのヒーローたちと協力していくさまが描かれる。

2014年の「LEGO(R)ムービー」と同じくウィル・アーネットがレゴバットマン / ブルース・ウェインに声を当てた。ほかザック・ガリフィアナキスがジョーカー役、マイケル・セラがロビン / ディック・グレイソン役、ロザリオ・ドーソンがバットガール / バーバラ・ゴードン役、レイフ・ファインズがウェイン家の執事アルフレッド役を務める。さらに劇中には、オルカやドクター・フォスフォラス、カブキ・ツインズ、ミュータント・リーダーといったDCコミックのキャラクターも登場する。

マッケイは「バットマンは前作の『LEGO(R)ムービー』でも主要登場人物の1人でした。作品の中でもかなり人気のあるキャラクターだったし、前作の本編でもバットマンが10回くらい『これは映画になるぞ』と言っているし、このチャンスを使って作り手たちを窮地に追い込んで、バットマンのシリーズを作らざるを得ない状況にしようと思ったんだ(笑)」と語る。またアーネットは、バットマンについて「孤児で孤独な男だから、何においても自分を頼りにするしかない。だからいろんな葛藤を抱えている。これは監督と話していたことなんだけど、この映画はバットマンが敵をやっつけるだけの映画ではなく、自身の中にある葛藤を克服する話でもある」とコメントを寄せた。

「レゴバットマン ザ・ムービー」は2017年4月1日より全国ロードショー。



(c)The LEGO Group. TM & (c)DC Comics. (c)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

最終更新:8月28日(日)20時7分

映画ナタリー