ここから本文です

小久保監督、子供たちに「目標を明確にし突き進んで」

デイリースポーツ 8月28日(日)15時54分配信

 「日本通運×侍ジャパン 野球教室」が28日、さいたま市内で開催され、日本代表・小久保裕紀監督(44)、トップ代表内野守備走塁コーチでもあるU-12日本代表・仁志敏久監督(44)が講師として参加。埼玉県内の少年野球8チームから参加した98人の小学校4年~6年の子供たちに、実技指導を行った。

 質疑応答の時間には小久保監督が少年たちへ「目標を明確にし、そこへ向けて突き進んでほしい。目の前のことに全力で取り組む人生を送ってほしい」とエールを送った。

 代表監督として参加した野球教室を終えて「小学生の野球人口が減っている。子供たちの競技人口を増やすことが、代表へいい選手を輩出するきっかけになる」と野球振興への思いを語った。

 さらに、子供たちが目標とする強い日本代表であるために「僕の仕事はWBCで勝つこと。そこへ向けて準備したい」と来年3月のWBCでの世界一奪還へ、決意を新たにしていた。

最終更新:8月28日(日)16時2分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。