ここから本文です

「SLS」最終日は魂、上原ひろみ×レキシ、矢沢永吉、アジカンら登場

音楽ナタリー 8月28日(日)23時4分配信

スペースシャワーTVの主催による野外ライブイベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」が、本日8月28日に終幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

8月26日より3日間にわたり、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された「SWEET LOVE SHOWER 2016」には、合計で約5万人が来場。最終日の28日は20組のアーティストが出演した。

11年ぶりの出演となったグループ魂は、港カヲル(46歳)や破壊(Vo)の自由奔放なMCとパワフルなバンドサウンドでLAKESIDE STAGEのオーディエンスを盛り上げる。その直後、FOREST STAGEに登場したのは藤原さくら。柔らかで心地よい歌声とサウンドを響かせ、集まった観客を和ませた。同じくFOREST STAGEで演奏したSuchmosは、クールでスタイリッシュな楽曲の数々を届ける。YONCE(Vo)は「涼しいって思ってたのに、おかげさまでいい汗かいてるわ」と、会場の熱狂っぷりを喜んだ。

上原ひろみとレキシによるコラボレーションライブとなった「上原ひろみとレキシ ~レキシが助けにやってきた~」では、レキシこと池田貴史のやりたい放題のパフォーマンスと上原の圧巻のプレイが絡み合い、ここでしか観られない貴重なステージを展開。2年ぶり出演の矢沢永吉は「今日は皆さんに会えて最高です。本当にサンキューしかないね」と集まった観客へ感謝の言葉を述べながら、「黒く塗りつぶせ」「止まらないHa~Ha」などを次々と熱唱した。

3日間の大トリを飾ったASIAN KUNG-FU GENERATIONは「リライト」「君という花」といった初期曲から、最新ナンバー「ブラッドサーキュレーター」まで幅広い時代の楽曲を演奏し、最後までイベントを楽しむオーディエンスを大喜びさせる。アンコールでは後藤正文(Vo, G)が「最後に身体があったまるやつやります」と紹介したあと、「遙か彼方」を披露した。最終日はこのほか04 Limited Sazabys、クリープハイプ、米津玄師、NICO Touches the Walls、[Alexandros]らが出演し、強力なライブを展開した。

この「SWEET LOVE SHOWER 2016」の模様は10月21日(金)から23日(日)の3日間にわたり、スペースシャワーTVにて合計9時間放送される。このほか10月にはBSスカパー!にてダイジェスト版を放送。11月にはスカパー!4K総合にて4K放送も行われる。

スペースシャワーTV「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016 Day1 / Day2 / Day3」
Day1:2016年10月21日(金)21:00~24:00(8月26日収録)Day2:2016年10月22日(土)21:00~24:00(8月27日収録)Day3:2016年10月23日(日)21:00~24:00(8月28日収録)※放送アーティストは未定

撮影:上山陽介、岸田哲平、釘野孝宏、古渓一道、小見山峻、中野敬久

最終更新:8月28日(日)23時4分

音楽ナタリー