ここから本文です

石川遼、完全優勝で復活14勝目 中断にも乱れず

デイリースポーツ 8月28日(日)16時36分配信

 「男子ゴルフ・RIZAP・KBCオーガスタ・最終日」(28日、芥屋GC=パー72)

 通算12アンダー単独首位で出た石川遼(24)=CASIO=が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで逃げ切り、今季初優勝を果たした。昨年日本シリーズJTカップ以来のツアー通算14勝目で、4日間首位を譲らない完全優勝は09年サンクロレラクラシック以来2度目。今季は2月以降腰痛に苦しんだが、高らかに完全復活を告げた。

 この日は台風10号の影響による豪雨で試合が約3時間中断。石川は11番の第1打を左に曲げたところで中断を迎えたが、再開後にベアグラウンドからの難しい第2打でグリーンを捕らえて見事パーセーブ。「あそこでボギーを打っていたら流れが変わっていたと思う。(再開後に)パーを取れて(悪い流れになりそうなところを)断ち切れた」と勝負のポイントを振り返った。 高山忠洋、M・ヘンドリー、B・ケネディが通算10アンダーで2位だった。

最終更新:8月28日(日)17時18分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]