ここから本文です

シュツットガルトへ期限付き移籍の浅野、UAE戦に向け帰国「まずは結果」

スポーツ報知 8月28日(日)7時53分配信

 ドイツ2部・シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨(21)が28日、18年ロシアW杯に向けたアジア最終予選・UAE戦(9月1日・埼スタ)に向けて羽田空港に帰国した。

 今夏プレミアリーグの名門・アーセナルに完全移籍したが、代表経験の少なさなどを理由に世界屈指のレベルの高さを誇る同リーグの労働許可が下りず、シュツットガルトへの期限付き移籍が決定。「(ドイツ)2部でもレベルは高いと思うし、色々な経験ができると思う。まずはチームで結果を残すことが大事。最終予選は初めてですし、W杯に直結する試合なので、ゴールでチームに貢献したい」と話した。

最終更新:8月28日(日)14時20分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]