ここから本文です

阪神、苦手山中から1点先制 3番・高山が中犠飛

デイリースポーツ 8月28日(日)18時31分配信

 「阪神-ヤクルト」(28日、甲子園球場)

 阪神が初回に先制した。

 先頭打者の上本が左中間二塁打で出塁。2番・北條が送りバントを決めて1死三塁。3番・高山の中犠飛で三走・上本が先制のホームを踏んだ。

 高山は「打ったのはスライダー。上本さんと北條でリズムよく作ってくれたチャンスでしたし、何とかランナーをかえすバッティングができてよかったです」とコメントした。

 阪神打線はヤクルト・山中とは過去に先発で6試合対戦し、1勝4敗、打率・241、対戦防御率1・23と苦手にしているが、効率のいい攻撃で1点を奪った。

最終更新:8月28日(日)20時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報