ここから本文です

阪神・岩貞、五回に一挙3失点で逆転を許す

デイリースポーツ 8月28日(日)20時24分配信

 「阪神-ヤクルト」(28日、甲子園球場)

 阪神先発の岩貞が1点リードで迎えた五回表に崩れた。4安打に失策が絡み、一挙3点を献上し、逆転を許した。

 先頭の坂口を三ゴロに打ち取ったが三塁・上本の失策で出塁。1死後、3番・山田、4番・バレンティンの連打で同点。さらに2死一、二塁で6番・西浦の4球目にワイルドピッチで二、三塁。5球目を左前に運ばれ、2者生還で一気に勝ち越された。

 岩貞は五回裏の打席で代打を送られて交代。5回を投げて8安打3失点での降板となったが、自責点は0だった。

 「今日は調子自体は悪くなかったので、何とかチームが勝っている状況で後ろへつないでいきたかったのですが、それができず悔しいです」とリードを維持できず、90球での交代を悔やんでいた。

最終更新:8月28日(日)22時32分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報