ここから本文です

ノムさん、日本ハム・大谷の見逃し三振に喝!「これはバッターが悪い」

デイリースポーツ 8月29日(月)0時45分配信

 ヤクルト、楽天などで監督を務めた野村克也氏が28日深夜に放送されたTBS系「S☆1」にVTR出演し、日本ハム・大谷に「喝」を入れた。

 野村氏は、この日の西武-日本ハムを解説。大谷が四回に右前打を放ったシーンでは「さすが!好球必打」と絶賛した。一方で八回の打席では、牧田に対し、カウント2-2からタイミングが合わずにタイムをかけたが、認められず見逃し三振に倒れた。これに対してノムさんは「これはバッターが悪い。あんなタイミングでタイムを要求しても無理だよ。ピッチャーが投げようとしているんだから。喝!」と、切り捨てた。

 大谷の攻略法には「俺がキャッチャーなら大きな変化球はいらない。ど真ん中と外角のちょうど間ぐらいに落とすと、みんな引っ掛ける」としながらも、「こういう逸材はプロ野球の財産だから、栗山監督は大きな責任がありますよ。安定した一流選手に育ててもらいたい」とエールを送っていた。

最終更新:8月29日(月)1時7分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。