ここから本文です

【広島】連勝が4でストップ…自己ワースト6失点のヘーゲンズ「球が浮き始めてしまった」

スポーツ報知 8月28日(日)19時59分配信

◆中日7―2広島(28日・ナゴヤドーム)

 広島が逆転負けで、連勝が4でストップした。6回にエルドレッドの18号ソロアーチで先取点をあげたが、その裏にヘーゲンズが中日打線につかまった。

 5回まで1安打に抑えていた助っ人右腕だが、3連打などで逆転されると、なお2死満塁で代わった薮田が堂上にグランドスラムを被弾。この回だけで7失点した。

 8回に会沢の右越え二塁打で1点を返し、9回にも丸が17号2ランを放つなど、最後まで食らいつく姿勢を見せたが、及ばなかった。マジック点灯後初の黒星で、マジックは14のまま。

 6回途中、自己ワースト6失点のヘーゲンズは「序盤は素晴らしい滑り出しで、思ったところに投げられた。6回は球が浮き始めてしまった。ゴロを打たせて切り抜けようという強い気持ちはあったのだが」と悔しそうに振り返った。

最終更新:8月28日(日)20時57分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]