ここから本文です

札幌出身の女子高生・小祝、44位!

スポーツ報知 8月29日(月)5時5分配信

◆女子プロゴルフツアー ニトリレディス最終日(28日、北海道・小樽CC)

 菊地は27位 43位で出た北海道・札幌市生まれのアマチュア・小祝さくら(18)=飛鳥未来高3年=は5バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの75で回り、通算10オーバーで44位。ベストアマ獲得は逃したが、北海道代表として出場する岩手国体(10月5~7日・安比高原GC他)に悔しさをぶつける。18位でスタートした苫小牧市出身の菊地絵理香(28)=オンワードホールディングス=は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの76で回り、6オーバーの27位に終わった。

 プロも苦戦する難コースに対応できず、壁を痛感した。75で回って10オーバー。「今まで回った中で一番難しいかも。こんなに速いグリーンは経験がない」。反省の言葉を次々と並べた。

 前半の11番から4連続ボギーとすると、15番で取り返したが、続く16番でダブルボギー。後半の2番では第1打を池に入れて、ボギーを叩いた。「(自分が)下手すぎてやばい。もっと練習を頑張らなきゃ」。ショットの正確性を磨くため、下半身の筋力トレーニングで課題を埋めていくという。

 ベストアマは2打差で40位となった同い年のアマチュア・勝みなみ(18)=鹿児島高3年=に譲った。頻繁に食事をともにする仲のライバルに敗れ「悔しいけど、いい勉強になった。国体は3位以内を目指したい」。来年はプロテストを受験予定。10月に待つ最後の国体で道産子の意地を見せる。(浜田 洋平)

最終更新:8月29日(月)8時13分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]