ここから本文です

【キーンランドC】ブランボヌール、シュウジを差し切り重賞2勝目!

スポーツ報知 8月29日(月)6時6分配信

◆第11回キーンランドC・G3(28日・芝1200メートル、札幌競馬場、良)

 サマースプリントシリーズ第5戦のキーンランドCが28日、札幌競馬場で行われ、2番人気のブランボヌールが快勝。昨年の函館2歳Sに続く、重賞2勝目を挙げた。

 “モレイラムード”を打破したのは戸崎のブランボヌールだった。「相手はあの馬だと思っていた」。ラスト100メートルでモレイラ騎乗のシュウジを半馬身差で差し切った。「スピードがあり、センスも十分。走りを見ていて、センスがあるなと思っていた」と初コンビのパートナーをたたえた。

 前走から馬体重が20キロ増での勝利だったが、中竹調教師は「太い感じはなく、成長分」と強調した。1200メートルでは3戦3勝と改めて適性を示し、次走のスプリンターズS(10月2日、中山)へ向かう。「スプリンターだけど、最後もしっかり動ける」と中竹師。秋はG1タイトルを目指して突き進む。(石野 静香)

 ◆ブランボヌール 父ディープインパクト、母ルシュクル(父サクラバクシンオー)。栗東・中竹和也厩舎所属の牝3歳。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産。通算8戦3勝。総収得賞金は1億230万8000円。主な勝ち鞍は15年函館2歳S・G3。馬主は前田葉子氏。

最終更新:8月29日(月)11時59分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ