ここから本文です

いきものがかり、10周年ライブに明石家さんまサプライズ出演で「いきものがっかり」

BARKS 8/28(日) 10:07配信

2016年3月15日にメジャーデビュー10周年を迎えたいきものがかりが、それを記念して彼らの地元である神奈川県海老名市と厚木市にて大型野外ライブイベント<超いきものまつり2016 地元でSHOW!!>を開催する。初日となる海老名公演<超いきものまつり2016 地元でSHOW!!~海老名でしょー!!!~>が8月27日、海老名運動公園にて開催された。

◆いきものがかり+明石家さんま 画像

天気はあいにくの雨、時折激しい本降りとなる中にも関わらず、会場には25000人のファンが来場した。そのファンの熱気に負けることなく、いきものがかりもステージ中央から続く花道に出て、ずぶ濡れになりながらのパフォーマンス。8月24日に発売したばかりの話題の新曲「ラストシーン」も初披露され、ライブは最高の盛り上がりを見せながら進んでいく。

そんな中、ライブ定番曲「じょいふる」が始まった。会場はファンの間では“お約束”の「タオル回し」で色とりどりの世界に。すると、いきものがかりが急に演奏をブレイクした。ざわつく観客。瞬間、大型LEDにパっと映し出されたのはなんと明石家さんまだった。この日の超シークレットゲストである。

背中に「超さんま」と入ったハッピの下には「いきものがっかり」と手書きされたTシャツという出で立ちでステージに現れる。いかにも明石家さんまらしい、ユーモア満載の登場だ。いきものがかりと明石家さんまの両者は以前から交流はあったのだが、先日とあるTV番組にて、いきものがかり山下穂尊が出演を軽い気持ちでお願いしたところ、思いもよらず快諾を得たとのこと。

「まさか本当に来ていただけるとは!」──いきものがかり

その後のステージはそれまでと一変してまさに“明石家さんまワールド”相変わらず降り続く雨にも負けず、花道やステージを動きながらの、いきものがかりもタジタジとなるトーク。会場全体の観客だけでなくスタッフ、そしていきものがかり本人をも爆笑の渦に巻き込んでいった。また、いきものがかりの3人全員がそれぞれ明石家さんまに“ツッコミ”される“おいしい”場面も。まさに明石家さんま、圧巻の独壇場である。

最後はいきものがかり吉岡聖恵と一緒に次の曲「笑ってたいんだ」のタイトルコールをして、ステージを後にした。明石家さんまの乱入というサプライズを含む、約3時間のライブ。雨にひるむことなく、観客は大いに楽しんだようだ。

ソールドアウトとなっていた9月10日・11日に厚木市荻野運動公園で行われる<~厚木でしょー!!!~>のチケットもカメラ席解放のため急きょ販売となるとのことなのでチェックを。

■<超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ~厚木でしょー!!!~>
9月10日(土)厚木市荻野運動公園(神奈川県厚木市)
9月11日(日)厚木市荻野運動公園(神奈川県厚木市)
【カメラ席開放につきチケット追加販売】
▼チケット
・チケットぴあ
販売日程:8/29(月)10:00~9/6(火)23:59
http://t.pia.jp/feature/music/ikimonogakari.jsp
・イープラス
販売日程:8/29(月)10:00~9/7(火)18:00
http://eplus.jp/cho-matsuri/
・ローソンチケット
販売日程:8/29(月)12:00~9/3(土)23:00
http://l-tike.com/concert/ikimonogakari/
・CNプレイガイド
販売期間:8/29(月)10:00~9/6(火)23:59
http://www.cnplayguide.com/ikimonogakari_t/
▼アクセス
両会場へはシャトルバス・ツアーバスでのご来場をお願いします。特に厚木公演の会場は、最寄駅から徒歩で1時間30分以上かかる為、事前にシャトルバス・ツアーバスチケットをご購入いただく事をお勧め致します。
http://www.jtbbwt.com/entertainmenttour/ikimonogakari/

最終更新:8/28(日) 10:07

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]