ここから本文です

スリップノット、<OZZFEST Meets KNOTFEST>で『アイオワ』を全曲プレイ

BARKS 8/29(月) 12:50配信

スリップノットが、来月開催するフェスティバル<OZZFEST Meets KNOTFEST>でセカンド・アルバム『Iowa』(2001年)を全曲プレイするそうだ。

オジー・オズボーン主催の<Ozzfest>とスリップノットの<KNOTFEST>が合体した<OZZFEST Meets KNOTFEST>は9月24,25日に米カリフォルニア州サンバーナーディーノで開かれる。

バンドは「これまで、(『Iowa』を)全てをパフォーマンスしたことはなかった。それが変わろうとしている」との声明を発表した。「15年前、驚異的なことが起きた。“アイオワ”出身の9人の男たちがカリフォルニアにあるスタジオへ入り、史上最も混沌とし破壊的なアルバムの1枚を創り出した。当時も、そしていまでも、ショッキングなほど荒々しくどう猛なレコーディングだった」

「9月25日KNOTFESTで、3万人がこれまでになかったイベントを体験する。ヴィジュアル的にもサウンド的にも濃く、マジで壮観だ。君らは“そこにいた”と言うことができる」

スリップノットは25日のヘッドライナー。この日は彼らほか、スレイヤー、アモン・アマース、アンスラックス、トリヴィアム、モーションレス・イン・ホワイト、Sabatonらが出演。前日はブラック・サバスがヘッドライナーを務め、ディスターブド、メガデス、オーペス、ブラック・レーベル・ソサイアティらがパフォーマンスする。

スリップノットはその後、11月5,6日に幕張メッセで<KNOTFEST Japan>を開催する。

Ako Suzuki

最終更新:8/29(月) 12:50

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]