ここから本文です

「a-nation音楽生特番」、笑いと感動を7時間ぶっつづけ

BARKS 8月28日(日)21時53分配信

<a-nation stadium fes. 2016 powered by dTV>が開催された味の素スタジアム会場にて、「dTV」による「a-nation音楽生特番」が7時間にわたって公開生配信された。

◆dTV「a-nation音楽生特番」オフィシャルサイト

8月27日の「a-nation生特番」では、a-nation会場内に設置されたdTVブースや楽屋裏からの中継などでアーティストと芸人らがトークを展開し、dTVブースには、加治ひとみ、高木里代子、龍雅、瀬川あやか、SOLIDEMO、リーマンマイク、CYBERJAPANDANCERSが登場し、「楽曲やパフォーマンスをdTVブースで披露、会場を大きな歓声で沸かせた。

中継ではlol -エルオーエル-、超特急、三浦大知、和楽器バンドが出演し、a-nationに対する意気込みや、a-nationにまつわる忘れられないエピソードなど、ここでしか聞く事のできない盛りだくさんの内容が繰り広げられた。特別コーナーでは、Acid Black cherryのyasuとロンドンブーツ1号2号の田村淳のスペシャル対談も配信され、夢をテーマに二人は過去の恋愛から音楽感など様々な模様を語り合いながら、jealkbとの秘蔵エピソードが披露され、これまでテレビでは語られることのなかったいろんな話が飛び出していた。

オープニングでは、NON STYLE井上やトレンディエンジェルらが登場するはずが、なんと大雨の影響でトレンディエンジェル斎藤が遅刻というハプニングが起こり、3人でスタートすることに。トップバッターの加治ひとみの歌唱後、やっと斎藤がスタジオに登場し、お決まりの「ぺっぺっぺー」を披露すると、会場は黄色い声援に包まれ、大盛り上がりを見せていた。

dTVブースでのステージパフォーマンス終了後、中継で出演したlol -エルオーエル-に今後の目標を聞くと、hibiki「全国47都道府県を回るライブをやりたい!」、mocaは「地元にある京セラドームでライブをやりたい!」と意気込みを語った。その後登場した超特急は、リーダーであるリョウガが、「本当はユーキがリーダーだったんですけど、あまりに普通すぎて陽と陰の“陰”である僕がリーダーになったんです」と吐露、その後も、本当に話すのが好きじゃないなどと本音をこぼす一面が見られた。

またdTVブースに登場したエグスプロージョンは、「本能寺の変ライブver.」の他にピスタチオのネタを元にしたダンスも披露。キレのあるダンスにピスタチオの白目をからめ、会場を笑いで盛り上げた。

最後に中継で登場した三浦大知は、過去にステージに出演した瞬間に雨が止み、終わる瞬間に雨が降ったエピソードを話し、「自分もってるな」と晴れ男をアピール。「雨が晴れて雲の隙間から光が差し込んだりする演出があったらいいな(笑)」と、ライブステージが晴れることを願いながら、dTVの中継を後にした。

最終更新:8月28日(日)21時53分

BARKS