ここから本文です

稀勢の里、錦織魂で綱取りだ!

スポーツ報知 8月29日(月)6時7分配信

 大相撲の夏巡業最終日が28日、東京・丸の内のJPタワー内の商業施設「KITTE」で行われた。秋場所(9月11日初日・両国国技館)で綱取りに挑む大関・稀勢の里(30)=田子ノ浦=は同部屋の小結・高安(26)とトークショーに出席。出番前にスタッフに高安と名前を呼び間違えられ「まだまだ相撲頑張らなきゃいけないな」と笑い飛ばした。

 スポーツ観戦が趣味の稀勢の里はリオデジャネイロ五輪に話題が及ぶと「おかげさまで寝不足の毎日でした」と振り返った。特に印象に残ったのは男子テニス錦織圭(26)の銅メダル。3位決定戦は「朝5時まで見ていて、そのまま寝不足で巡業に行きました」と苦笑いした。

 質問コーナーで男性の観客から「秋場所は、ぜひ優勝してください!」と熱いエールを送られる一幕も。巡業前半は右足首の故障のため休場したが、仕上がりは上々。「体も仕上がってきている。いつも通りの流れでしっかりやっていきたい」と勝負の秋場所へ気合を入れた。

最終更新:9月8日(木)4時7分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]