ここから本文です

【NBA】D.ウェイドのいとこが銃で撃たれ死亡 「もううんざりだ」

ISM 8月28日(日)12時34分配信

 現地26日、今オフにマイアミ・ヒートからシカゴ・ブルズへ移籍したドウェイン・ウェイドのいとこが、シカゴ市内の路上で銃で撃たれ死亡した。

 ウェイドのいとこのナイケア・オルドリッジさん(32歳)は、シカゴ市内の学校近くを赤ちゃんを乗せたベビーカーを押しながら歩いていたところ、2人組の男が別の男に向けて撃った銃弾を頭部と腕に受けた。遺族によると、オルドリッジさんは最近、シカゴのサウスサイドに引っ越してきたばかりで、学校に子供の転校手続きをしに行くところだった。警察は、オルドリッジさんは2人組の男の標的ではなかったと発表している。

 ウェイドは、26日にツイッターを更新し、約600万人のフォロワーに向け、いとこが銃の犠牲になったことを発表。「いとこが今日、シカゴで殺された。銃による無分別な暴力がまた繰り返された。何の理由もなく4人の子供が母親を失った。考えられないことだ」と、悔しさとやりきれない思いを伝えた。

 また27日には、「シカゴにはさらなる助けと救いの手が必要」と投稿。いずれのメッセージにも「EnoughIsEnough(もううんざりだ)」とのハッシュタグが付けられた。ウェイドの親族が銃犯罪の被害者になるのはこれが初めてではなく、2012年には甥が足に2発の銃弾を受けたが、幸い現在は回復している。

 シカゴでは近年、銃の絡んだ犯罪に悩まされており、今年7月だけで65件の殺人事件が発生。特にサウスサイドとウェストサイドのいくつかの地区で深刻な問題となっている。(STATS-AP)

最終更新:8月28日(日)12時34分

ISM