ここから本文です

剛力彩芽、24歳の誕生日 高橋一生&三宅弘城の祝福に感激の涙

オリコン 8月29日(月)5時0分配信

 女優の剛力彩芽が27日、24歳の誕生日を迎えた。この日も主演するテレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)の撮影にかかりっきりだったが、本人には内緒で共演する高橋一生、三宅弘城やスタッフがバースデーセレモニーを準備。サプライズに感激した剛力は「この現場で誕生日を迎えられて幸せです」と目に涙を光らせた。

感極まって泣き出す剛力彩芽

 高橋と三宅は、撮影の合間にフルーツボールの最後の飾り付けを行い、チョコレートプレートのメッセージも手書きして、剛力にプレゼント。そのことを知った剛力は「まさかこんなにすてきなお祝いをしていただけるとは…ありがとうございます!」と大喜びし、三宅とハグを交わすなどサプライズに感激しきり。その後、ドラマのキャスト・スタッフから心のこもったビデオメッセージを見て剛力はこらえきれずに号泣していた。

 同ドラマの撮影も残りわずか。剛力は「『グ・ラ・メ!』の現場で24歳の誕生日を迎えられたことが何よりうれしいです。大好きなメンバーに囲まれて、ひとつ歳を重ねられたことがとても幸せ。今回の一木くるみという役は、みなさんにも愛してもらえて、そのタイミングでひとつ歳をとったことに意味を感じます。これからもみんなが楽しいと思える現場を作り続けたいなと思います!」と、さらなる飛躍を誓っていた。

最終更新:8月29日(月)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。