ここから本文です

第35回浅草サンバカーニバルに48万人集う

MEGABRASIL 8/28(日) 22:04配信

小雨の降る中、無事パレード開催される

8月27日(土)、小雨が降る中、第35回浅草サンバカーニバル(主催:浅草サンバカーニバル実行委員会)が開催された。主催者発表によると来場者は48万人だったという。

2016年はS2リーグ(2部リーグ)8団体、S1リーグ(1部リーグ)9団体がパレードコンテストに参加。1年かけて準備してきた成果を競い合った。

各団体が、エンヘードと呼ばれる行進のテーマに沿って行進を行った。テーマは歌だけでなく、演奏、衣装、ダンスを含むパレード全体で表現される。

「京急で行こう!」をテーマに掲げたサウージの行進には京急の車両を見立てた山車が登場。沿道を沸かせた。

「おかわり」をテーマにしたウニアン・ドス・アマドーリスの行進には、ピザに見立てたパンデイロ手にしコック、フルーツ柄の可愛い衣装のダンサーなどが登場した。

また第35回浅草サンバカーニバルのパレードコンテストでは仲見世バルバロスが優勝した。同団体フェイスブックによると、2009年以来7年ぶりの優勝とのこと。

(文/麻生雅人)

※サイト「Mega Brasil」ではパレードの写真を多数紹介しています。

最終更新:8/29(月) 6:26

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。