ここから本文です

<北朝鮮写真報告>哀しき北朝鮮の女性たち (8) 路地裏の女性たちが身だしなみに気を使う理由は…(写真4枚)

アジアプレス・ネットワーク 8月28日(日)5時10分配信

食糧配給制度がほぼ破綻した北朝鮮で、暮らしの糧を得るための商行為は「闘い」になぞらえ「生活戦線」と呼ばれる。その主役は女性たちだ。

関連動画を見る 女性が腐敗警官を圧倒 突き飛ばし罵声浴びせる ホームレスの若い女性も

「闘い」の中でも、若い女性たちは身だしなみに気を使う。平壌に住む取材協力者の女性は次のように言う。

「ろくなものを食べていなくても胃袋の中までは見えない。でも人は外見で判断しますから化粧と服には神経使います。特に男性からはきれいに見られたいものなんです」(石丸次郎)

←氷点下の畑で落穂拾いをしていた人がスカーフをまき直した一瞬、見えたのは若く美しい女性の顔だった。

←ばっちりメイクを決めた若い女性。流行の情報は中国や韓国から入って来る。路上の屋台で中国製の靴下を売っていた。

最終更新:8月28日(日)20時0分

アジアプレス・ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。