ここから本文です

香港とマカオ結ぶ高速船ターボジェットが漁船と衝突=1人軽傷

マカオ新聞 8月28日(日)10時56分配信

 8月27日午後11時50分頃、香港国際空港のあるランタオ島沖の牛頭島付近でマカオ・外港フェリーターミナルを午後11時15分に出航し、香港・上環へ向かっていたターボジェットの高速船Universal MK 2013号と漁船が衝突する事故が発生した。

 香港及びマカオ当局の発表、地元メディアの報道を総合すると、事故を起こした高速船には乗客289人、乗員10人が乗っており、乗客1人が軽傷。漁船側に負傷者はいなかったという。

 なお、高速船の喫水線上部に約20フィート(約6メートル)の亀裂が確認されたというが、沈没の危険はないと判断され、現場検証を終えた後に目的地まで自力航行し、翌28日午前2時20分に到着した。漁船側は先頭部が破損したという。

 事故当時、香港・マカオでは大雨に関する警報が発令されていた。

 Universal MK 2013号はオーストラリア・オースタルシップ社製のカタマラン型双胴高速船で、最大定員およそ410人、最高速度は43ノット(80km/h)。

 ターボジェットは24時間運航で、香港とマカオの間を約60分で結んでいる。

 香港とマカオを結ぶ高速船では、しばしば衝突事故などが発生しており、シートベルト未着用の乗客が負傷する例も多いことから、在香港日本国総領事館では、在留邦人及び日本から現地を訪れる旅客に対し、シートベルトの着用を徹底するよう呼びかけている。

最終更新:8月28日(日)18時43分

マカオ新聞