ここから本文です

[月刊G 9月号]G―レジェンド 清水隆行さん 「打撃道」を追い求めたバットマン

スポーツ報知 8月28日(日)11時30分配信 (有料記事)

◆王貞治の1本足打法に魅せられて野球の道へ

◇OBが語るあの日の巨人&明日の巨人

◇野球評論家 清水隆行さん

 2002年に球団記録のシーズン191安打をマークするなど、シャープなスイングで快打を量産した清水隆行さん(42)。「5打数3安打でも、打てなかった2打席が悔しかった」と、ひたすら打撃の神髄を追い求めたバットマンに、現役当時の思い出を聞いた。

 「正直言って、楽しいと思って野球をやったことはなかったですね」

 剣豪のような雰囲気を漂わせていた現役時代とはまるで違う穏やかな表情。だが、思い出を語る清水さんの言葉には「打撃道」を追い求めた当時の姿を改めて思い起こさせる重厚な響きがあった。

 「打ちたい、勝ちたいよりも、抑えられたくない、負けたくないという気持ちが大きかった。だから5打数3安打でも、打てなかった2打席の方が悔しい。その悔しさを味わいたくないから練習する。その繰り返しでした」本文:6,950文字 この記事の続きをお読みいただくには、月刊ジャイアンツの購入が必要です。

  • 通常価格:
    360円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    308円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8月28日(日)11時30分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]