ここから本文です

“ビックリマン”が第2のブーム?『キング・オブ・エジプト』などPRに大忙し

dmenu映画 8/28(日) 11:30配信

1980年代後半に少年期を過ごしたアラフォー世代の男性であれば誰でも一度は手にしたことがある「ビックリマン」。当時、多くの子供たちがおまけのシール集めに熱中し、一大ブームを巻き起こしました。そのビックリマンが近年さまざまなコラボ企画を展開し、オジサンたちにはたまらない“胸アツ”なコラボシールが続々と登場しているのを知っていました?

プロ野球、吉本芸人、『スターウォーズ』…

最初のブームとなったのが1985年に発売された「天使vs悪魔」シール。「天使」「悪魔」「お守り」という3つの種族それぞれに個性豊かなキャラクターが描かれたシールがあり、さらに「ヘッド」という希少なシールを手に入れるために子供たちはなけなしのお小遣いを握りしめてお菓子屋さんに殺到。お菓子屋さんでは販売個数を制限しなければならなくなったり、偽物が出回ったりと社会現象となりました。子どもたちは自分のコレクションを自慢しあったり交換しあったものでした。

最初のブームが過ぎた後も、新しいシリーズが登場したり、復刻したりしながら続いてきたビックリマンですが、ここ数年はコラボ企画を展開して、世のオジサンたちをザワつかせています。

今年に入ってからだけでも、例えばプロ野球とのコラボ。千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手や阪神の藤浪晋太郎投手、さらにバースや掛布といった往年の名選手たちをキャラクターにしたグッズが発売されました。

よしもとクリエイティブ・エージェンシーとのコラボもあり、トレンディエンジェルやNON STYLE、チュートリアル、ブラックマヨネーズ、渡辺直美といった芸人たちをキャラクターにしたシールやグッズが登場。そのほか、漫画では『北斗の拳』や『キン肉マン』、『弱虫ペダル』とのコラボもありました。

さらにもう少し時をさかのぼれば、映画『スターウォーズ』や、漫画『キャプテン翼』、アイドルグループのももいろクローバーZとのコラボも! こんなもん、大人買いせずにはいられないコラボばっかりじゃないですか。ああ、大人でよかった。

「おなじみの有名人やキャラクターがビックリマンタッチで描かれると、こうなるのか!」という新鮮さが楽しいですよね。同じ駄菓子業界では、「うまい棒」もいろいろなアニメ・漫画とコラボしていますが、懐かし路線の「ビックリマン」に対して、「うまい棒」は『進撃の巨人』や『魔法少女まどか☆マギカ』など流行中のものとのコラボが多く、上手く住み分けできているようです。

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 11:30

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]