ここから本文です

武井壮「ハリウッド映画に出て、60億人に俺を知ってほしい」

TOKYO FM+ 8/28(日) 11:10配信

12人のアスリートとの対談集『勝つ人 13人のアスリートたち』を発売された、武井壮さんが、8月27日土曜日、TOKYO FMの半蔵門アースギャラリーに登場、番組に生出演。ゲストの意外な一面がのぞける名物コーナー「ゲストの〇〇チャート TOP3!」で、「今から手に入れたい、新しい能力 TOP3!」を発表しました。

【第3位 ピアノ】

「楽器はほとんどやったことないんですよ。ピアノに興味を持ったきっかけは、ジャズバーに連れて行ってもらった時に、バーだからお酒飲む場所なんですけど、お酒は飲まないのでジャズを聴いていたんです。
でも、素敵だなとは思うんですけど、よく分からなかったんですよ。音楽家の方と楽しみ方が違うんですよね。だから、地球を楽しむ能力がこの人たちに負けてるんだって思ったらちょっと悔しくなって。
ピアノを覚えてたら彼らが“素敵だよね”って言っていたところを、俺がもっと素敵に説明できるなって思ったんです。いつか高級なフルコースを付けてディナーショーとかやりたいですね(笑)」

【第2位 ビリヤード・ボーリング・ゴルフのプロ資格】

「プロの資格を持っていないと、解説などをするにしても、試合を観に行くにしても、プロだっていうだけで一段上がるじゃないですか。そこそこゴルフとかは上手いんですけど、プロのプレーに対してごちゃごちゃ言うのに、俺がプロじゃないって良くないって思ったんですよ。プレイングスピーカーだから!
ビリヤードとボーリングも世界中の色んな所で楽しめるけど、プロの方が楽しめているでしょ? それが嫌なんです。俺の人生のテーマが、『地球上で俺が楽しいと言える面積を増やす』なんです。
ゴルフはアメリカ留学をしたことがあって、ビリヤードは今年の春くらいから日本チャンピオンに2週間に1回レッスンを受けています。
毎日1時間は新たなスキルの習得のためにトレーニングをするって決めているんです。他にもフィジカルのトレーニングに1時間、知らないことを勉強する為に1時間。必ず毎日3時間は取るようにしています」

【第1位 ハリウッド進出】

「地球上には70億人も人がいるのに、まだ俺の事を知っているのは日本人の1億人くらいしかいない。ハリウッド映画に出れば60億人くらいは観てくれるんじゃないかなと思って……。
一番出たいのは、アベンジャーズやX-MENとかのマーベルコミックスの作品に出たいですね。何か日本的な能力を持ったキャラクターとして出て、日本人の役だといつもこの人出てるよな~みたいな所にスッポリハマりたいですね(笑)」


――武井壮さんのパワーフードは「ウナギ」!

「ウナギは最高ですよ! 週3回は食べますね。夜は部屋で出前を取ったり、昼間はウナギ屋を見つけたら必ず入るって決めてるんです。多い時、週12回行ったことがありますね。
美味しいお店の見分け方は匂いですね。甘ったるすぎない匂いが漂っているお店が好きなんです。浅草の『初小川』や、港区の『野田岩』というお店が美味しいですね。地方でロケに行った時も必ずウナギを食べていますし、名古屋に行ったらひつまぶしを食べます。とにかく、ウナギを食べたいんです!」

(武井壮さんは2016年8月27日土曜日、TOKYO FMの番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」に出演しました)

最終更新:8/28(日) 12:28

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]