ここから本文です

【動画解説】台風10号 初の東北上陸か

ウェザーマップ 8月28日(日)14時2分配信

ウェザーマップ

 台風10号は30日(火)から31日(水)にかけて北日本に接近し、1951年からの統計開始以来初めて東北に上陸する可能性が出てきました。大雨や暴風、高波、高潮に警戒が必要です。

 台風10号は予報が更新されるにつれて大回りになってきました。台風が予報円の中心を通ると東北に上陸しそうですが、これまで東北の太平洋側に台風が上陸した例はありません。

 30日から東~北日本では湿った空気の影響で大雨になる所がありそうです。31日には台風本体の活発な雨雲がかかって、北日本では局地的に猛烈な雨の降るおそれがあります。土砂災害や低い土地への浸水、川の増水に警戒してください。

 また、台風が近づく影響で波も高くなり、関東から北の太平洋側では広く大しけとなるでしょう。北日本では潮位が高くなる所もあるため、海岸付近では浸水、冠水にも警戒が必要です。
 そして、今回の台風は強い勢力を保ちながら北上してくるため、暴風などによる農作物の管理にも気を付けてください。(気象予報士・河津真人)

最終更新:8月28日(日)14時35分

ウェザーマップ