ここから本文です

カレーニョ ブスタがツアー初優勝 [ウィンストンセーラム/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8/28(日) 15:00配信

 アメリカ・ウィンストンセーラムで開催された「ウィンストンセーラム・オープン」(ATP250/8月21~27日/賞金総額63万9255ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第16シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン/49位)が同胞で第2シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン/17位)を6-7(8) 7-6(7) 6-4の大接戦の末に破り、ATPツアー初タイトルを獲得した。

 カレーニョ ブスタはこれまでツアー・レベルの大会で、今回を含め3度決勝に進出しており、その3度を今年実現させていた。

「素晴らしいよ。驚くべきフィーリングだ」とカレーニョ ブスタ。「ここにたどり着くために、僕はハードワークを積んできたんだ。今、この瞬間を楽しむことにするよ」。

西岡良仁はミルマンに連敗を喫して本戦勝利ならず [ウィンストンセーラム・オープン]

 25歳のカレーニョ ブスタは今季6人目のツアー初優勝者になるために、2時間半を必要とした。

 28歳のバウティスタ アグートは今季3つ目、キャリア5つ目のタイトル獲得を目指していた。彼は今季、ニュージーランド・オークランドと、ブルガリア・ソフィアで優勝している。

「厳しい試合、厳しい週だった」とバウティスタ アグート。彼は準決勝までに3度フルセットの試合を戦っている。「僕はここに、(全米オープン前に)何試合かプレーするために来た。だから決勝に進むことができて、ポジティブな週だったよ」。

 第1セットのタイブレークを2度の相手のセットポイントをしのいでものにしたバウティスタ アグートは、タイトルを獲るチャンスも擁していた。彼は4-6でカレーニョ ブスタのあとを追い、そこから4ポイントを連取してタイブレークとセットを取った。

「第1セットを落としたときは、本当に辛い瞬間だった」とカレーニョ ブスタは振り返る。

 しかし、第2セットの第5、第6ゲームで互いに相手のサービスをブレークし合い、またもタイブレークにもつれ込んだあと、カレーニョ ブスタはそこで7ポイントを連取してセットを取った。

 カレーニョ ブスタは第3セットの第6ゲームでもブレークを果たし、4-2とリードを奪った。これがカレーニョ ブスタの最後の2つのサービスゲームで1ポイントも取れなかったバウティスタ アグートの運命を決したようだった。

「今日、僕は勝つために多くのチャンスを擁していた」とバウティスタ アグート。「しかし、そのチャンスをつかめなかった。1セットを取り、ワンブレークしていたときにいいプレーができなかった。チャンスを手にしたときに、それをものにしなければ負けてしまう。そういうものだ」。

 この勝利で月曜日に発表される最新ランキングで、カレーニョ ブスタは自己最高の40位に飛躍する。火曜日に全米オープンの初戦を戦う予定のカレーニョ ブスタにとって、これよりよいタイミングはないだろう。

「今年、僕はトッププレーヤーに対して本当にタフな試合を戦った」とカレーニョ ブスタ。「これは僕にとって重要なことだ。僕にはこのタイトルを祝うための時間はないが、この勝利は僕に全米オープンでプレーするためのより大きな自信を与えてくれる。僕はあそこに自信を持って向かうだろうし、大会で勝てばいっそう大きな自信を得ることができるだろう」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: WINSTON SALEM, NC - AUGUST 27: Pablo Carreno Busta of Spain signs autographs for fans after his win over Roberto Bautista Agut of Spain in the men's singles championship final of the Winston-Salem Open at Wake Forest University on August 27, 2016 in Winston Salem, North Carolina. (Photo by Grant Halverson/Getty Images)

最終更新:8/28(日) 15:00

THE TENNIS DAILY