ここから本文です

ポルシェはもはやSUVメーカー? この変化、スポーツカーの未来に意義があるワケ

乗りものニュース 8/28(日) 16:00配信

スポーツカーメーカーの雄「ポルシェ」、約7割がSUV

 スポーツカーの代名詞ともいえるドイツの「ポルシェ」。その歴史は1948(昭和23)年、フェルディナント・ポルシェ博士が自らの名前を冠したオリジナルのクルマ「ポルシェ356」を発表したことに始まります。

強すぎる新型「プリウス」独走続く 7月新車販売、前年比で3倍増【乗用車販売台数ランキング最新版】

「ポルシェ356」はふたり乗りの小さなスポーツカーで、その走りの良さからポルシェ社は一躍、スポーツカーメーカーとして世界中に知られることになります。そして1963(昭和38)年にデビューしたポルシェ「911」が、ストリートやサーキットで大活躍。同社のスポーツカーメーカーとしての名声は不動のものとなりました。

 ところが現在、ポルシェ社の実際の販売台数からは違った姿が見えてきます。同社の2015年における世界販売台数は約22万5000台、前年比19%増という過去最高の販売台数を記録し、まさに絶好調です。

 その理由はSUVである「マカン」と「カイエン」の人気で、どちらも前年よりふた桁の伸び率を達成。「マカン」は年間8万台以上、「カイエン」は7万3000台以上を売上げました。両モデル合算すると15万3000台、つまりポルシェの年間売上全体における7割近くが、ふたつのSUVモデルで占められているのです。

 一方、スポーツカーである「911」は3万2000台弱、全体の15%もありませんでした。販売するクルマの7割がSUVでは、もはや「SUVメーカー」と言ったほうが正確でしょう。なぜポルシェ社は、こんな状況になっているのでしょうか。

経営不振に陥っていたポルシェ 2社の思惑が一致、そして

 ポルシェ社は1990年代まで実質、2シーターを中心としたスポーツカーを作る専業メーカーとして経営されてきました。そして1970年代はまだ良かったのですが、1980年代後半から1990年代初頭にポルシェ社は経営不振に陥ります。主力商品である1963(昭和38)年デビューの「911」が旧式化し、同車をしのぐ新しいヒットモデルを生み出すことができなかったからです。当時、ポルシェ社の年間販売台数は3万台規模にまで落ち込んでおり、20万台を越える現在の数分の1程度しかありませんでした。

 事態の打開を図るべく、ポルシェ社は1996(平成8)年に新しい水冷エンジンを載せた新型モデルの「ボクスター」をリリース。そして同じく「911」にも水冷エンジンを載せてモダン化、商品ラインナップの刷新を行います。これらにより販売は好転しますが、売上げが劇的に良くなるわけもありません。

 一方で当時、世界最大の市場であったアメリカでは、“オンロード派SUV”の人気が高まっていました。泥だらけなイメージであるオフロード向けのクルマではなく、街中をスマートに乗れる新しいキャラクターが与えられたSUVがヒットしていたのです。

 そんななか、同じポルシェ博士にルーツを持ち、設立当初から深い関係を維持していたポルシェ社とフォルクスワーゲン社(ドイツ)のあいだで、SUVの共同開発計画がスタートしました。「ボクスター」や新しい「911」により経営危機を乗り越えたばかりのポルシェ社、アメリカ市場進出に苦戦していたフォルクスワーゲン社、いずれもドル箱であるSUVはノドから手が出るほど欲しい車種だったのです。

 2社の共同開発にすれば、ポルシェ社は開発費用を抑えられ、フォルクスワーゲン社は「ポルシェ」の名声と技術を利用できるというメリットもあります。その結果として生まれたのが、ポルシェ「カイエン」とフォルクスワーゲン「トゥアレグ」でした。ポルシェ博士は、「フォルクスワーゲン・タイプ1(通称「ビートル」)」を開発し、フォルクスワーゲン社(ドイツ)の基礎を築いた人でもあります。

 SUVに、「ポルシェ」の名声とスポーツカーの走りをプラスした「カイエン」は、2002(平成14)年の発売と同時に大ヒットします。北米市場だけでなく、欧州やアジアでも大人気となり、結果、「カイエン」はあっという間に「911」を抜き、いつのまにかポルシェ社の販売の半数を占めるほどになりました。

 そしてこの「カイエン」のヒットは、ポルシェ社のみならず、世界中の自動車メーカーにも大きな変革をもたらしました。

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 16:52

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。