ここから本文です

岡田彩(米子工業高専)が単複2冠 [全国高専テニス]

THE TENNIS DAILY 8月28日(日)16時22分配信

「第51回全国高等専門学校体育大会/第39回全国高等専門学校テニス選手権大会」(8月25~27日/岐阜メモリアルセンター・長良川テニスプラザ)は大会最終日の27日、個人戦の単複決勝が行われた。

石川工業高専が14年ぶり2度目の全国制覇 [第51回/第39回全国高専]

 女子シングルス決勝は第1シードの岡田彩(米子工業高専/4年)がディフェンディング・チャンピオンの寺西冴映(徳山工業高専/3年)を6-1 6-1で破り、初の全国制覇を達成した。また、岡田は女子ダブルス決勝も戦い、春山あすか(米子工業高専2年)とのペアで第2シードをつけ、第1シードでディフェンディング・チャンピオンの瀧根風香/吉原千尋(阿南工業高専2年/3年)を6-4 6-3で破り、単複2冠に輝いた。

     ◇   ◇   ◇

※名前の左数字はドロー番号、[ ] 数字はシード順位

【女子シングルス決勝】

○1岡田彩(米子工業高専)[1] 6-1 6-1 ●14寺西冴映(徳山工業高専)

----------

【女子シングルス準決勝】

○1岡田彩(米子工業高専)[1] 8-1 ●7巽茉菜(神戸市立工業高専)

●11小濱ちひろ(沖縄工業高専)7-9 ○14寺西冴映(徳山工業高専)

----------

【女子シングルス2回戦】

○1岡田彩(米子工業高専)[1] 8-1 ●3松田悠里(神戸市立工業高専)

●5高橋なるみ(福島工業高専)[4] 8-9(4) ○7巽茉菜(神戸市立工業高専)

●10土橋礼佳(秋田工業高専)5-8 ○11小濱ちひろ(沖縄工業高専)

○14寺西冴映(徳山工業高専)8-5 ●15森吉瑛里子(阿南工業高専)

----------

【女子シングルス1回戦】

○1岡田彩(米子工業高専)[1] 8-2 ●2金子彩映(茨城工業高専)

○3松田悠里(神戸市立工業高専)8-5 ●4木下彩(富山高専―本郷)

○5高橋なるみ(福島工業高専)[4] 8-4 ●6赤塚友香(鈴鹿工業高専)

○7巽茉菜(神戸市立工業高専)8-2 ●8伊藤優月(沼津工業高専)

●9瀧根風香(阿南工業高専)2-8 ○10土橋礼佳(秋田工業高専)

○11小濱ちひろ(沖縄工業高専)8-5 ●12山本梨乃(長野工業高専)[3]

●13杉山亜咲奈(函館工業高専)5-8 ○14寺西冴映(徳山工業高専)

○15森吉瑛里子(阿南工業高専)9-7 ●16笠井真穂(有明工業高専)[2]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

●1瀧根風香/吉原千尋(阿南工業高専)[1] 4-6 3-6 ○16岡田彩/春山あすか(米子工業高専)[2]

----------

【女子ダブルス準決勝】

○1瀧根風香/吉原千尋(阿南工業高専)[1] 8-3 ●7木下彩/金山仁美(富山高専―本郷)

●10巽茉菜/松田悠里(神戸市立工業高専)4-8 ○16岡田彩/春山あすか(米子工業高専)[2]

----------

【女子ダブルス2回戦】

○1瀧根風香/吉原千尋(阿南工業高専)[1] 8-4 ●3清水寛子/荒木知里(東京工業高専)

●5高橋なるみ/高橋朋世(福島工業高専)[4] 3-8 ○7木下彩/金山仁美(富山高専―本郷)

○10巽茉菜/松田悠里(神戸市立工業高専)8-0 ●12小濱ちひろ/喜納綾夏(沖縄工業高専)[3]

●14笠井真穂/沖あいみ(有明工業高専)2-8 ○16岡田彩/春山あすか(米子工業高専)[2]

----------

【女子ダブルス1回戦】

○1瀧根風香/吉原千尋(阿南工業高専)[1] 8-2 ●2寺西冴映/角井志帆(徳山工業高専)

○3清水寛子/荒木知里(東京工業高専)8-2 ●4新田莉乃/木内理香(阿南工業高専)

○5高橋なるみ/高橋朋世(福島工業高専)[4] 8-4 ●6赤塚友香/伊藤美夢(鈴鹿工業高専)

○7木下彩/金山仁美(富山高専―本郷)8-2 ●8薄井小百合/松田歩華(福島工業高専)

●9本田汐里/木下七海(苫小牧工業高専)1-8 ○10巽茉菜/松田悠里(神戸市立工業高専)

●11楠本真穂/西川舞香(明石工業高専)2-8 ○12小濱ちひろ/喜納綾夏(沖縄工業高専)[3]

●13伊藤優月/小澤英真(沼津工業高専)4-8 ○14笠井真穂/沖あいみ(有明工業高専)

●15金子彩映/篠崎今日子(茨城工業高専)1-8 ○16岡田彩/春山あすか(米子工業高専)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月28日(日)16時22分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。